資金調達へのアプローチ

資金調達には様々なアプローチの方法があります。

 

「融資」「株式の発行」「制度融資」などなど。
経営者には様々な資金調達の手段から、適切な手段を活用するスキルが求められます。

 

しかし、どの手段を使っても資金調達を成功させるためにはコツが必要であり、なおかつコツは誰かが教えてくれるわけではありません。経営者は自ら学ぶことで、資金調達を成功に導く必要があります。

 

セミナー講師から資金調達を学ぶ受講生

 

その際に活用できるのがセミナーや人脈です。

 

自社で活用する資金調達の手段を決めたのならば、後は成功させるためのコツをプロから学びましょう。
どのような資金調達方法もセミナーがありますが、まずは専門家の助けを求める声が特に多い資金調達に狙いを定めてご紹介いたします。

 

セミナーで学ぶ資金調達

セミナーで学べる資金繰りは、以下の3つが主流です。
まずは開業資金から確認してみましょう。

 

開業資金の集め方

最も経営者を悩ませる資金調達方法は「開業時の資金集め」です。
開業時は銀行や金融機関の目が厳しく、王道の融資方法が活用できるとは限りません。

 

そのような場合はどのように立ち回れば良いのか、という点から、初めての資金調達成功までのコツをセミナーで学べます。

 

補助金・助成金の活用

補助金」や「助成金」の活用方法をセミナーで学ぶ経営者は多いです。

 

なぜなら「そもそもどんな制度があるかわからない」から。

 

補助金や助成金は国や地方自治体から提供される資金調達制度であり、返済の必要がありません。
しかしその分受給要件が厳しく、申し込んでも支給に至らないケースも数多くあります。
また「自社がどの補助金・助成金を受け取れるのかわからない」というケースは数多く見受けられました。

 

そのような際に「どのような補助金・助成金が使えるか」を学び、実際に「支援を受けるためのコツ」まで学べるセミナーの活用がオススメです。

 

クラウドファンディングのコツ

 

お金に集まるビジネスマンのイメージ

 

最近注目を集めている「クラウドファンディング」のコツもセミナーで学べます。

 

多くのクラウドファンディングでは、募った資金に対するリターン(見返り)を設定する必要があり、リターンが魅力的でなければクラウドファンディングで資金を集められません。
十分に勉強しなければ失敗しやすい手段ですが、経験者からアドバイスがもらえるセミナーへの参加で、成功の確率をグッと引き上げることが可能です。

 

身近な人に頼ることも大切

資金調達に詳しい知人が身近にいる場合はその人を頼ってみましょう。

 

セミナーや講習会に参加するのは効果的ですが、多くの人にわかりやすく説明する場では踏み込んだ話ができない恐れがあります。
しかし友人や知人ならば、その限りではありません。

 

友人が相談を受けるメリットを用意した上で頼ってみましょう。もしかすると、社会的信頼に関わらず資金調達が成功するかもしれません。

 

経営者の能動的な行動が未来を変える

資金調達を成功させるためには勉強が必要です。

 

セミナーや人脈は最大限活用しましょう。
経営者が能動的になり、資金調達を成功に導くことが、企業の未来を明るく照らすために必要なのではないでしょうか。