成功と失敗を分ける要因は何なのか

ありふれた中小企業のイメージ

 

世の中にある企業のおよそ99.7%が中小企業です。

 

ならば成功する企業もあれば、失敗して撤退する企業もあることは容易に想像できます。
では一体どのような要因が企業を成功に導き失敗へと陥れるのでしょうか。

 

今回は「成功している中小企業の特徴」を学ぶことで、自社の経営を成功へと導きましょう。

 

成功している中小企業の特徴

 

中小企業の中には、成功を収めている会社が数多くあります。
その共通点を見てみると、「なぜ成功したのか」がはっきりと見えてきます。

 

リーダーが優れている

成功している中小企業では、リーダーが優秀だということがわかりました。

 

ここでいうリーダーとは部署やプロジェクト単位で直接部下を指示するような「シニア層」を指します。
シニア層の雇用にデメリットを感じる経営者も多いですが、実は短所ばかりではありません。

 

メリットとしては「知識量」そして「経験値の高さ」が挙げられます。
シニア層のメリットを最大限に生かせれば質の高いサービスを提供できる上に、部下の士気も高めることが可能です。
そのため、シニア層が優れている中小企業には成功が多く見受けられます。

 

意志決定が早い

意志決定が早い企業は、成功する傾向にあります。

 

なぜなら中小企業には「競争力」が求められるから。

 

競争力とは、技術力や人材育成力、販売力などの「他社に勝てる能力」を指します。
そして競争の場において、勝敗を最も大きく左右するのが「最初にやった」という事実です。

 

なにごとも1番早ければ、販売の面でも権利の面でも他社より優位に立てるため、意志決定の速さが成功を分けるといっても過言ではありません。

 

チャレンジを恐れない

 

チャレンジし、飛躍し続けるビジネスマンのイメージ

 

チャレンジを恐れないことも成功にとって欠かせません。

 

特に社員からのチャレンジは積極的に支援しましょう。チャレンジを大切にするということは、やる気を育てるということ。
1人1人の社員のやる気が会社の命運を分ける中小企業にとっては、チャレンジする気持ちを阻害しない環境こそが成功する上で大切なのです。

 

テクノロジーを歓迎する

時代に応じてやり方を変えられる企業は、成功を掴みやすいです。

 

特に「デジタル」を積極的に受け入れる企業は、現在も成功へと着実な一歩を進めています。
デジタルサービスの導入は業務を効率化する上、うまく活用できれば低コストで高品質なサービスの提供が可能です。

 

企業のためにも、ユーザーのためにも導入して損がありません。

 

↓作業の効率化についてはこちら
業務の効率化は中小企業の課題!

 

自社の強みを知っている

なんといっても「自社の強み」を理解している企業は成功を掴みやすいです。

 

客観的に自社を見直した際に、顧客やクライアントから頼りにされている部分は他社との競争において優位に立てるため、成功を掴み取る要素になります。
成功する企業では実際に「社内コミュニケーションにおける強みの洗い出し」が行われているケースが多いです。

 

中小企業の成功は社会から求められている

成功する中小企業には特徴があります。もし自社に当てはまらない要素があれば、ぜひとも挑戦してみましょう。
全国の99.7%を占める中小企業の成功は、日本の成功といっても過言ではありません。

 

社会貢献という意味でも、成功を掴み取る努力を怠らない必要があるのではないでしょうか。